特定調停という返済方法

特定調停という返済方法を用いて、借金を返済することが可能です。特定調停とは、借金をした顧客と、融資を行った金融会社の間に裁判所が入るという形で仲介してもらえる、調停制度の一つです。特定調停は、借金を利用した人から依頼された認定司法書士か、弁護士が行うことができます。この返済方法の特徴は、自己破産のように借金の返済ができないことが決まっている人だけでなく、これからそうなる人でも使えることです。何を目的として、特定調停とは行うものなのでしょうか。特定調停は、2、3ヶ月で申込みから認められるまでの期間がかかります。一方自己破産は、半年ほどの時間がかかります。もしも、法律の専門家でない人が特定調停の申立てをしようとしても、自己破産と違って、申立て自体は可能です。裁判所に特定調停の申立て用紙がありますので、必要事項をそこに書き込み、提出するだけです。交渉そのものは調停員が行います。自己破産をしたことがある人でも、特定調停は使えます。特定調停によって貸付条件の見直しがなされますので、返済状況にもよりますが、金利が法律ギリギリにまで低くはなります。返すお金を、少なくすることができるという仕組みです。特定調停は、調停によってお金を借りた側と、貸した側が合意に達し、返済条件の軽減等を行うものです。そもそも返済条件がいい場合や、条件を軽減しても返済の見通しが立たない場合は成り立ちません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ