棄権期を乗り越えて減量を成功させるには

シェイプアップがうまくいくかどうかは、詰まり期をどんなにくぐり抜けるかに因るといえます。シェイプアップを途中で断ち切るのか、目論見の突破まで積み重ねるのかは、詰まり期にどのように立ち向かうかと関係します。シェイプアップの詰まり期には、ごちそうの内容に気を配ることが至極大切です。シェイプアップをスタートさせた後々はウェイトは序々に減っていくわけですが、しばらくすると、今までとおんなじことをしていても、減量は進まなくなります。詰まり期になるのは、いきなりの体重減少に意識した人体が、一時的にレジスタンス案を取り去るためです。唐突に、ごちそうから受け取れるカロリー件数が少なくなると、人体は案件だと思い込みます。その結果、数少ないごちそうも暮らせるように、入れ替わりの低い人体になります。本人の目的とは無関係に発生するこういう組織が、シェイプアップ時折ある結果、詰まり期という病状があらわれるのです。ウェイトが減っていくことを競い合いとして、痩身やエクササイズを頑張っていたのに、詰まり期になるとウェイトが減らなくなります。シェイプアップを行う上でこういう詰まり期を乗り越えるは非常に重要なポイントです。もし詰まり期に、適量のごちそうを、すっかり養分がなくなるようにして取ることです。なかなか体重が減らないからと、絶食というようなごちそうの切り落とし方をしたり、運動量を繰り返すことはよくありません。シェイプアップ中に、詰まり期に入ったとしても、それまでと変わらずにシェイプアップを続け、エクササイズと痩身をストップしないようにください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ